【無料】クリスタルを大量にゲットできちゃう裏ワザ!?

黒ウィズクイズ画像付き解答 このピラミッドで知られる遺跡は何?の答え

クイズRPG魔法使いと黒猫のウィズの黒ウィズクイズ「このピラミッドで知られる遺跡は何?」の答えは?
なんか中学校の歴史の授業で習った覚えはありますが、はっきり言って忘れています(笑)
はたしてこのピラミッドで知られる遺跡ってどこなんだ!?
th_IMG_5145
黒ウィズクイズ「このピラミッドで知られる遺跡は何?」の答えは・・・

チチェン・イッツァ

でした!

チチェン・イッツァは、1988年に世界遺産に登録されたメキシコのマヤ文明の遺跡です。
このピラミッド自体は「カスティーヨ」と呼ばれていて、世界七不思議の1つとされています。

そんなピラミッド「カスティーヨ」はどんなのかと言うと・・・

マヤの最高神ククルカン(羽毛のあるヘビの姿の神。ケツァルコアトルのマヤ語名)を祀るピラミッド。
基底55.3メートル四方、高さ24メートル(頂上の神殿部分は6メートル)。
通称の「カスティーヨ」はスペイン語で城塞の意。「ククルカンのピラミッド」、「ククルカンの神殿」とも呼ばれる。
大きな9段の階層からなり、4面に各91段の急な階段が配されていて、最上段には真四角な神殿がある。
ピラミッドの階段は、4面の91段を合計すると364段で、最上段の神殿の1段を足すと、丁度365段である。また1面の階層9段は階段で分断されているので合計18段となり、これらはマヤ暦の1年(18ヶ月365日)を表す。このことから「暦のピラミッド」とも呼ばれる。
北面の階段の最下段にククルカンの頭部の彫刻があり、春分の日・秋分の日に太陽が沈む時、ピラミッドは真西から照らされ階段の西側にククルカンの胴体(蛇が身をくねらせた姿)が現れ、ククルカンの降臨と呼ばれている。
カスティーヨ内部には初期のトルテカ=マヤ方式のピラミッドが内蔵されており、この神殿にはジャガーをかたどった玉座や生贄の心臓を太陽へ捧げたチャクモール像が置かれている。しかしこの像の目にはめこまれた翡翠は中国製である事が判明しており古代史の謎となっている。
カスティーヨは、2007年7月に、新・世界七不思議の一つに選ばれた。
〜wikipediaより〜

う〜ん、マヤ文明だから、場所がメキシコでかなり遠いけど、死ぬまでに1度は行ってみたい所ですね!

あなたはクリスタルを何個持っていますか?

コメントを残す